読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

修行の日々・・2 「生活と心模様」

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130505121656j:plain

 

清見村での木工修行の2年間、

僕自身は、まったく無収入だった。

 

公的な技術専門校とは違って、一切の補助がなかった。

 

だから、入塾に際しての条件として、

最低2年間を生活できるだけの蓄えが必要・・とされていた。

 

が、僕の場合は・・・

奥さんが生活を支えてくれたのだ。

 

 

 

(注:僕が修行していた十数年前の「森林たくみ塾」と、現在とでは、運営の形態がいろいろと変わっているようです)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

12人の同期生は、当然だが、僕よりも若い独身男女がほとんど。

 

夫婦で飛騨高山に移って来たのは、僕を含めて3人だけ。

僕以外の2人は、早期退職でこの世界に挑戦しにやって来た、

年配男性たちであった。

 

 

僕の奥さんは、高山市内の米穀店に就職し、生活を支えてくれた。

僕は被扶養者となり、2年間を過ごしたのだ。

 

 

僕は日々、昼と夜の2食分の弁当を作ってもらい、

高山市内の借家から清見村の塾地まで、

片道12kmの道のりを通った。

 

昼間はひたすら、

親会社・オークヴィレッジの家具やクラフト品の制作。

夜間は座学や、課題の制作。

 

そんな毎日なのに、しかし、

タフな仲間連中は、深夜や、夜学のない晩などを利用して、

アルバイトもこなしていた・・。

(打ちっぱなしゴルフ場の球拾いなど)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ところで、話をぐっと基本的な部分に戻してみる。

 

長く勤めた会社を辞めて、木工の道へと転身したことで、

多くの人から言われることが2つある。

 

1つ目は、「よく決断しましたね!」「すごい勇気ですね!」

ということ。

 

2つ目は、「奥さんの理解があってこそですね!」

ということ。

 

 

奥さんの理解については、本当にその通りで・・。

理解というか、共同意識というか、

共感してもらえるように丸め込んだ、というか・・。

 

 

しかし僕自身については、

「勇気を出して決断した」という感じではなく・・。

 

夢を追いかけているうちにこうなってしまった、というか、

夢みたいなことばかり考えているうちにこうなった・・というか。

 

頭の中身が軽いというか、

結局、思ったことをどうしてもやってみないと気が済まない、

というか・・。

 

けれど、頭の中身が軽かった分、

後々ちゃんと、重たいツケがまわって来るのだけれど。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

でもまあ、そんなわけで、

当時の僕ら(夫婦)は、新しい土地での新しい生活を、

自分たちなりに楽しんで暮らした。

 

休日には、見知らぬ土地を旅してまわった。

 

飛騨古川へ、白川郷へ、下呂温泉へ、

能登や金沢へ・・。

 

 

将来への不安のようなものは、あまり感じていなかった。

 

木工業界や家具業界が下降気味である・・という現実を、

たくさん見聞きしていても。

 

下降の傾向に当てはまらないやり方を考えればいい、と、

単純に考えていた。

(もちろん、そんなに甘いものではないことは、独立後に思い知る)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

それが「良いもの」ならば、工夫すれば売れる・・という考え方が、

11年間、東京の書店で働いたことで身に付いていた。

 

「本」というのは、

どこの本屋でも同じ値段で、同じものを買うことができる。

 

だから書店人が本を売るためには、

知恵をしぼって、工夫をこらさなければならない。

 

売れている本を、他所よりも多く売るためには、どうすればいいか。

知られていない良書を買ってもらうために、どう工夫するか。

 

価格の競争ではなく、知恵を絞ること。

人の関心を、ぐっと引きつける企画力。

 

つまり、アイディアでがんばっていこう・・と、

僕は考えていたのだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし、修行1年目が経過するころ、

僕はモノ作りのもっとも基本的なところでつまずき、

ひどく傷つき、

情けの無いことに、

奥さんの前でポロポロと涙をながすことになる・・。

 

(つづく)

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130505142621j:plain

 

(写真上)オークヴィレッジのショールームにて。

(写真下)岐阜大学演習林で、樹木の調査。

 

 

(下写真)高山市の木材市を見学

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130505142518j:plain