yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

修行の日々・・1

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130505101206j:plain

 

 

1997年4月、

僕はそれまで勤めていた東京の会社を退職し、

飛騨の清見村にある「森林たくみ塾」へと入塾した。

29歳のときだった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

11年間務めた会社(書店)を辞めるのは、

僕にとって、本当に大きな出来事だった・・。

 

その職場には大恩があり、

職場の人たちへの僕の思いの重量は、

十数年が経過した今でも、言葉には変換できない。

 

ただひたすら、自分の信じた道を生きて、

悪戦苦闘する姿を見てもらう他ない・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて。

僕が踏み入った「森林たくみ塾」の世界は、

あまりにも未知に過ぎた・・。

 

会社員として11年間積み上げたキャリアは、

当然だが、すべてゼロに戻った。

 

時間をかけて登って来た道を、一気に海抜0m地点へと、

突き落とされたような感じがした・・。

 

当時の森林たくみ塾のカリキュラムには、

メインの木工技術の習得の他に、

独自な環境教育プログラム が含まれていた。

 

なので、「木工」以前に、

耕耘機で塾の畑を耕したり(冒頭写真)、

ダンプで堆肥を運んで撒いたり、

ユンボで穴を掘ったりと、

いきなりのフィールド・ワークに面食らった。

 

つい先日まで、

ネクタイを締めて、満員電車に揺られていたのだ。

 

耕耘機に触れたことはおろか、

スコップですら、まともに使った事が無かったのだ。

 

マニュアル車を運転出来ないと、

お話にもならないところだった・・。

 

 

 何よりも僕が落ち込んだのは、

このタフなフィールドにあって、

いかにも自分がヤワなお坊ちゃんに感じられたことだ。

 

冒頭の耕耘機の写真を見て欲しい。

都会からやって来た「坊ちゃん」丸出しだ。

 

対して、同期生は、タフな連中が多かった。

 

連中は、持参する弁当からして、すでにタフだった・・。

 

でっかいタッパーに、大量の白米とキャベツの千切りのみを

詰めてきた強者もいた・・。

(2年間無収入で修行するので、みんな金が無かった)

 

 

こんなタフな場所に集まって来る連中だ。

男も女もクセのある、

図太い人間に決まってる(←失礼だなあ・・)

 

神経が細くて、弱っちくて、

傷つきやすいガラスの青年は、

どう見ても自分だけだ・・と焦っていた。。

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130505121742j:plain

*写真上*

対向車すれ違い不可な農道の突き当たりに、

当時のたくみ塾はあった。

*写真下*

当時、工房はプレハブ造り。タフな作業環境だった・・。

 

(次回へつづく)