読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

北の国へ・・・5 「どう生きるのか」

1996年 夏、

東京・新宿の、紀伊國屋ホール

 

説明会に集まった、多数の参加者をぐるりと見渡して、

「森林たくみ塾」の理事長は、こう口火を切った。

 

 

皆さんはこれまで、自分の人生について、

徹底的に、真剣に考えてみたことはありますか?

 

自分がこれからどう生きていくのか、

本当に突き詰めて考えたことは・・・

おそらく皆さん、無いでしょう?

 

 

・・会場は沈黙。

 

が、しかし、

僕はひとり、胸の中で密かに思っていた。

 

「いや、俺はけっこう考えたよ・・」

 

 

── そう、僕はけっこう考えた。

だからこそ、この会場にいるのだ。

 

 

飛騨の清見村で、

建築・家具・クラフトを手がける、オーク・ヴィレッジ。

 

そのオーク・ヴィレッジが運営する、家具職人の養成機関が、

「森林たくみ塾」であった。

 

 

その日、紀伊國屋ホールで開かれた説明会には、

たくみ塾の活動に関心のある人や、家具職人を志す人たちが、

自分も含めて、多数参加していたのである・・。

 

 

冒頭の口上の後、理事長は続けた。

 

今日は、我々のお話しを聞いてもらい、

「木の仕事で生きていく」ということが、

いったいどういうことなのか、

みなさんに真剣に考えて欲しいと思います・・。

 

 

そのような挨拶の後、説明会は始まった。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なぜ僕は「木工」を志すことになったのか。

 

 

・・これまでの人生、

僕の木工についての知識は、ゼロに等しかった。

 

家具職人になりたいなど、考えたこともなかったし、

 木の種類も、名前も知らない。

クラフト作品やインテリアにも、特に興味がない。

 

知識も、関心も、憧れもなかった。

 

だからまさか、こんなことになるなんて、

誰よりも、僕自身が全く予想していなかった。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2年前、結婚を機に北海道へ移り住みたいと、

転職を考えた自分だったが、

何を目指したらいいのか、よくわからなくなってしまい、

そのまま暗礁に乗り上げていた。

 

 

 ・・が、時間が経つと同時に、思考はゆっくりと巡り、

やがて僕(と奥さん)は、少しずつ、また動き始めていた。

 

 

僕らは、田舎暮らしの情報誌をながめたり、

これからの生き方のことなどを、折に触れて二人で話し合った。

 

 

・・そう、田舎暮らし。

 

 札幌など、都市部での再就職は、厳しそうな実感は確かにあった。

 

でも、それとは別に、

自分は本当は、田舎暮らしがしたいんじゃないか?

・・という思いに、行き当たりつつあった。

 

 

そもそも7年前、 倉本聰さん率いる富良野塾の舞台が、

自分の中の何かを動かしたのだ。

 

その後、自分も富良野塾を目指し、

そして夢破れた。

 

けれど、自分に本当に合っているのは、

たぶん役者になることではなかった・・。

 

それならば、
 自分の、本当の場所はどこだ?
 
 自分の生き方は、いったい何だ?

 

下川町の森林組合に、手紙を書いてみた。

 置戸町に行き、木工クラフトの研修施設も見学させてもらった。

 

僕は、あちこちにぶつかりながら、探し続けた。

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130331113048j:plain

 

 

そして、

1995年の10月に角川書店から発売された一冊の本が、

自分の場所を、

新しい一歩をどこに向かって踏み出すかを、決めた。

 

北海道ではなく、それは、岐阜県の飛騨高山市であった。

  

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130323100055j:plain 

 

ただでさえ影響されやすい自分なのに・・・。

 

飛騨の清見村にある、オーク・ヴィレッジ。

その代表である、稲本正さんのこの著書によって、

僕の人生観は変わってしまった。

 

これまでと、世界が違って見えるほど、

大きな影響を僕は受けた・・。

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130323100435j:plain

 

何と、表紙が無垢のナラ材で出来ている・・という、

それだけでも相当なインパクトのある本であった。

 

素直な僕は、稲本正さんの考えに、言葉に、

頭からつま先まで、まんまと感化された・・。

 

田舎に暮らし、「木の仕事」をして生きよう。

 

これまでにないほどに固く、僕は決心していた。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こうして僕は、本が発売された翌年の夏、

「森林たくみ塾」の説明会に参加すべく、

新宿の紀伊國屋ホールに出かけたのだった・・。

 

(つづく)