読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

北の国へ・・・2

 

 

 ( 北海道ニセコ山麓の、廃校の家具工房「湯ノ里デスク」。

東京で会社員をしていた僕が、どのような経緯でこの仕事を始めることになったのか、書いてみたいと思います・・。)

 

 1992年の11月、生まれて初めて北海道へと旅行した!

 

 

・・実は、その2ヶ月前に、

鹿児島県の屋久島を、僕は一人旅していて・・、

そこで、同じように一人旅で来ていた、

とある女性と知り合った。

 

聞くと彼女は、北海道から来ているとのこと。

 

3年前に東京で富良野塾の舞台を見て以来、

遠ざかっていた北海道が、

ふたたび近くに現れたようにも(勝手に)感じた・・。

 

そんなわけで、(どんなわけ??)

屋久島で知り合った彼女を頼って、

僕は遥かな大地、北海道へと旅立ったのだ。

 

 

生まれて初めての北海道は、何もかもが新鮮で、

感動の連続だった。

 

清々とした空気感、

広々とした風景、

延々とした直線道路・・・。

 

二泊三日の最終日、

僕は彼女に頼んで、富良野に連れて行ってもらった。

麓郷の森の、ドラマ「北の国から」のロケ地に・・。

  

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130308131924j:plain

 

3年前、下北沢の劇場で、

舞台「谷は眠っていた」を見てからというもの、

僕は倉本聰さんの著作を、何冊も読んだ。

そして、ドラマ「北の国から」のビデオをレンタルして、

全てを見た!

 

 

だからこの旅で、五郎の丸太小屋を訪れた時には、

しみじみと感動した。

そして、丸太小屋に掛けられていた、

倉本さんの手書きの看板に、胸がじんとなった・・。

 

灯りは小さくても、いつもあったかい

 

・・五郎さんの小屋の前で、僕はふいに、

自分がずいぶんと遠い土地まで来たことを実感したのだった・・。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その後、東京に戻ってからも、

僕は4ヶ月に一度のペースで北海道へと旅した。

 

 何度も通ううちに、

ますます北海道が好きになっていった僕はやがて、

自分も北海道に、それも、

富良野塾に飛び込んでみようか・・と、

じわじわ考え始めていた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1994年の2月、

東京・銀座の、リクルート本社ビルで、

富良野塾(何期の募集だったか??)の2次試験を受けた。

 

受験を決心するきっかけは、これまた、一冊の本だった。

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130223114812j:plain

 

インターネットなど無い時代、

このような情報は、主に、雑誌等でしか得られなかった。

 

そういう意味では、

これは倉本聰さんの創作活動の世界が紹介された、

僕にとっては画期的な情報誌であった・・。

 

この本を読みながら、

<自分はいつやるんだ? ・・今でしょ!>

・・と、熱く決意したのである。

 

1次試験は作文で、

確か、「富良野塾を受験する理由」を書くのが課題だったと思う・・。

 

やがて、1次試験通過の通知が届くと、

僕はもうすっかりその気で、

自分も北海道に行こう!

富良野塾で学び、役者として舞台に立つのだ!

・・と、

(勝手に)確信していた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2次試験の内容は、

渡された短いシナリオを演じること、

簡単なダンス、集団での面接、

・・であった。

 

もちろん、目の前の審査員席にはあの、

ギョロリとしたするどい目つきの、

倉本聰さんがいた。

 

内面を見抜かれるような、凄みのある視線に、

当然ながら緊張したが・・・

当時の僕としては、最善を尽くしたつもりだった。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

試験の数日後、落選の通知が届いた。

 

自分の生き方を、大きく転換する確信で、

ひとり胸を熱くしていた僕は、

意気込みが先走り過ぎていたこともあって、

激しく落胆した。

 

拠るべき世界を、失ってしまったように感じた。

 

胸の中が、空白になってしまった・・。

 

(つづく)