yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

北の国へ・・・1

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130223114224j:plain

 

1989年(平成元年)1月、

東京 下北沢・本多劇場、

舞台「谷は眠っていた」公演終了後の混み合うロビーの片隅で、

初めて倉本聰さんを見た。

 

壁を背に立ち、かるく腕組みをするような格好で、

上気した人々の様子をじっと観察しながら、

タバコをくゆらしていた。

 

倉本聰さん率いる劇団「富良野塾」の、初の東京公演。

 

おそらく、ほとんどの観客がそうであったろう、

僕もまた、その舞台のパワーに激しく圧倒された。

 

終演後、半ば呆然としつつ、

人々に押し流されるようにロビーに出ると、

その片隅に倉本さんの姿があった。

 

ギロリとした大きな目で、凄みのある存在感。

ちょっと恐かったけれど・・・

僕は、何か伝えずにはいられない衝動で、

緊張気味に倉本さんの前に立ち、

すごくよかったです、と言って手を差し出した。

 

倉本さんは、射抜くような、真直ぐなまなざしで僕の目を見て、

「ありがとう!」と強く握り返してくれた。

その手は大きく肉厚で、ゴツゴツとしていた。

 

がっしりとした握力を感じた瞬間、

自分がとてもヤワに思え、

同時に、胸の中で何かがグラリと揺れた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そもそも、この舞台を観るきっかけになったのは、

出版社の営業の方から、すごく熱心に勧められたから。

 

その頃、僕は二十歳で、東京で書店員として働いていた。

ある日、営業でうちの店にまわってきた理論社の女性の方から、

倉本さんの新刊案内と合わせて、富良野塾 東京公演をぜひ見て欲しい

・・と、強く勧められたのだ。

 

当時の僕は、

倉本聰さんについての知識はほとんど無かったのだけれど、

親しい営業さんだし、とても信頼できる方だったので、

その新刊「谷は眠っていた」と、同名の富良野塾公演のチケットを

買うことにした。

 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130223114445j:plain

 

 

1988年の12月に発売されたこの本を読んで、

僕はその内容に圧倒され、

翌1月の舞台でさらに決定的に圧倒されることになる・・。

 

倉本聰さんのこともよく知らず、

ドラマ「北の国から」もほとんど見たことがなかったこの自分が、

果たしてどれほどの衝撃を受けたのか・・・

 

冒頭のチケットを20数年経った今でも保管しているのだから、

それはかなりのものだったはず。

 

けれども、その公演の数年後に、

よもや自分が富良野塾を受験する事になるとは・・、

まだあの時は考えてもみなかった。