yunosatodays

北海道ニセコ山麓、廃校の木工房。湯ノ里デスクの田代がお届けする、モノ作り&山暮らし通信です。

ここで出会うなんて

今朝の北海道新聞の広告欄に、ふたたび掲載されていた!! 

f:id:yunosatodesk_Tashiro:20130121101246j:plain

 

↑上の写真は、 昨年末に掲載されたもの。

胸がドキドキと高鳴った僕は、切り抜いて大事に取っておいたのだ。

北海道新聞の、2012年12月28日付けの朝刊。

 

いつかブログに書こうかな〜と思っていて、

ちょうど写真など準備し始めていたら・・なんと今朝ふたたび!

この同じ広告に出会ってしまった。

  

 

・・ところで、

僕が感動したのは、「文庫大賞第1位」の部分ではない。

その上の、啓文堂書店の文字にである!

 

 おそらく今朝、

その書店名にこれほど胸を揺さぶられたのは、広い北海道でも、僕ただ一人であったろう・・。

 

たぶん、

北海道民のほとんどがスルーしたはず。

 

紀伊國屋書店や、三省堂書店、丸善・ジュンク堂や、コーチャンフォーは知っていても、啓文堂書店は誰も知らないだろうし・・。

 

 

でも僕にとっては・・特別な意味を持つ。

何故ならそこは──、

以前東京で、自分が働いていた書店だから・・。

 

高校を卒業後、

18歳で就職してから29歳で退職するまで、

11年間務めた、思い出いっぱいの書店だから。

 

 

かつて、海賊王ゴールド・ロジャーは、大秘宝を指して、

「この世の全てをそこに置いてきた」(ワンピース/尾田栄一郎著)と言い放ったが、

実のところ僕も言いたい。

「青春の全てをそこに置いてきた」・・と!

 

・・もっと正確には、

「青春の全てをそこに置いてきたが、

湯ノ里デスクの仕事に必要なものをたくさんもらってきた」

 ・・というのが正直な気持ちである。

 

 

啓文堂書店で出会えた人たちと、そこでのあらゆる経験が、

今も、いつも僕を支えてくれる。

あの11年間は、僕の宝だ。

 

 

・・それにしても、

北海道新聞で「啓文堂書店」の文字を目にするとは、よもや思わなかった。

こんなところで出会うなんて、大変な驚きだ!

そして、とてもうれしい!!

 

 

東京の私鉄、京王線・井の頭線の沿線に店舗展開する書店なので、ほとんどの地方の方はご存知のはずがない。

 

まさか自分の他に、新聞のそんなところに目を留めていた人はいないと思うけど・・

もしかして、同じ北海道にいらっしゃいますか?

かつて啓文堂で働いたことがあるよ〜という方が?

いや実は私、全国の書店の中で啓文堂が一番好き〜という方が??

 

もしもいらっしゃいましたら、ぜひご一報を。

北海道 啓文堂人会を設立したいと思います・・。